『エバンジェリストBBクリーム』の2色使い

簡単にきれいになれるアイテム・BBクリームを使うようになってから、これまですっぴん派だった私もメイクをして出掛けることが多くなりました。
不精なのと、メイクの仕方が分からなくてすっぴんだったという面もあるので、塗るだけでOKのBBクリームはまさにお助けアイテムでした


メイクを少しステップアップしてみようと思って、BBクリームの2色使いに挑戦してみました。
使うのは『エバンジェリストBBクリーム』です。
画像


エバンジェリストBBクリーム』は、美肌効果を持続する「プラセンタエキス」と、ターンオーバー能力を引き出す「EGF」が配合されていて、高いスキンケア効果が特徴です。
メイクアップアーティスト・柳延人(やなぎ のぶと)さんがこだわった、「ナチュラル感&カバー力」で理想の使用感が得られます。
以前の紹介記事はこちらです


2色使いのテクニックはエバンジェリストのページで紹介されています。
画像

ハイライト・ローライトをポイントに入れることで、ナチュラルな3D肌を作ることができます。
エバンジェリストBBクリームは、ハイライト・ローライトをよりきれいに見せられる商品になっているので、このテクを使わない手はありません

< 配合成分 >
シクロペンタシロキサン、水、酸化チタン、ジメチコン、PEG-10ジメチコン、ポリメタクリル酸メチル、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、イソステアリン酸ポリグリセル-2、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン、硫酸Mg、ジステアルジモニウムヘクトライト、BG、グリセリン、水酸化Al、ヒトオリゴペプチド-1、プラセンタエキス、水溶性コラーゲン、セラミド1、セラミド3、セラミド6Ⅱ、スクワラン、マカデミアナッツ油、タルク、マイクロクリスタリンワックス、パラフィン、ステアリン酸、キャンデリラロウ、酸化ジルコニウム、トコフェロール、BHT、ラウロイル乳酸Na、マンニトール、フィトスフィンゴシン、コレステロール、キサンタンガム、カルボマー、酸化鉄、リンゴ酸ジイソステアリル、メチルパラベン、プロピルパラベン



 使用した感想 

画像

左の明るいほうがNO.1で、隣がNO.2です。
NO.2をベースにして、NO.1をハイライトとして使いました。

ベースは伸ばして、ハイライトには叩いてつけるファンデテクを使います。
厚塗りになるのが心配でしたが、手で押さえてなじませていくと全然気になりませんでした。
正直なところ、ハイライトの効果があまり分かりませんが、練習してマスターしたいです。
(恥ずかしいので、顔の写真は控えさせてもらいます

さらさらなのにしっとりな肌触りが気持ちよくて、すっぴんの時は少し乾燥していたのかな?と思います。
夕方を過ぎた頃になると、鼻の油浮きで落ちてきてしまいました。
明るめの色を使っている分、鼻が赤く見えて恥ずかしい顔に
でも、BBクリームなら油をおさえてから塗りなおせばいいので、すぐに直せるのがいいですね

メイクになれてきたら、次はチークに挑戦かな?
アイメイクは、一重だし、眼鏡だし、しないと思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック